㈱大阪取引所への建玉移管についてのお知らせ

昨年10月、株式会社東京商品取引所(以下「TOCOM」と言います。)が、日本取引所グループ(JPX)に加わったことを踏まえ、TOCOMの一部商品が2020年7月27日に、下記のとおり株式会社大阪取引所(以下「OSE」と言います。)に移管される予定です。

OSEにおいてお取引を継続頂くためには新たな契約が必要になるなど、お客様にはご迷惑をお掛けしますが、宜しくご協力下さいますようお願い申し上げます。

Ⅰ. 対象銘柄及び限月

東京金(標準、ミニ) 2020年8月限 以降の建玉
東京白金(標準、ミニ) 2020年8月限 以降の建玉
2020年8月限 以降の建玉
パラジウム 2020年8月限 以降の建玉
ゴム(RSS) 2020年7月限 以降の建玉
ゴム(TSR) 2020年8月限 以降の建玉
トウモロコシ 2020年9月限 以降の建玉
一般大豆 2020年8月限 以降の建玉
小豆 2020年7月限 以降の建玉
金(限日取引) 全建玉
白金(限日取引) 全建玉

Ⅱ. 移管日

TOCOM終了 2020年7月22日(水)15時15分(※1)
OSE開始 2020年7月27日(月) 8時45分(※2)
  • ※1 TOCOMは移管対象銘柄以外の銘柄を含めて、全商品の2020年7月22日16時30分から夜間取引を行いません。なお、7月23日~26日は連休となります。
  • ※2 ゴム市場(RSS3号、TSR20号)の立会は9時00分に開始されます。

Ⅲ. 移管手続について

お取引を継続するためには、新たな契約が必要です。

現在、弊社の商品先物取引口座(通常・損失限定)に預かり証拠金があるお客様には、近々、弊社外務員等より約諾書等必要書類をお届けする予定です。
詳細については、追ってお知らせいたします。

Ⅳ. 移管に伴う変更点について

  1. 証拠金について(1)
    弊社は、証拠金をTOCOMとOSEとに分けて管理いたします。
    お客様には、移管に先立って、移管する預かり証拠金の金額を申告して頂く予定です。
    詳細については追ってお知らせします。
  2. 証拠金について(2)
    1. 建玉証拠金は、前証拠金とさせて頂きます。
      2020年7月27日新規建玉より
    2. 不足証拠金(追加証拠金)が発生した際の対処は、翌営業日の正午までの全額入金とさせて頂きます。
      2020年7月27日に確定した不足金より実施
  3. ゴム銘柄の変更について
    1. 日中取引の寄付板合わせの開始時間が変更になります。
      午前8時45分 → 午前9時00分
    2. ノンキャンセルピリオドが全取引時間においてなくなります。
  4. サーキットブレーカー(SCB)制度
    現行のTOCOMの全市場においては、立会時間中の立会の一時中断及び立会時間中のサーキットブレーカー(SCB)幅の拡大(サーキットブレーカー(SCB)制度)をしないこととしておりますが、移管後の貴金属市場においては、サーキットブレーカー(SCB)制度を導入し、発動条件に合致した場合、立会を一時中断し、サーキットブレーカー(SCB)幅を拡大する運用となります。
    また、ゴム市場及び農産物市場は、現行同様にサーキットブレーカー(SCB)制度を適用しません(原則、立会時間中の中断・拡大は行いません)。
    なお、即時約定可能値幅(DCB値幅)は、原則としてTOCOM制度が引き続き採用されます。

以上