マーケットの分析レポートから価格情報までを網羅

豊トラスティ証券マーケット情報
お問い合わせはこちら
24時間受付0120-365-281

商品市況分析一覧

市況・本日の見通しは弊社アナリストが個々の判断に基づき作成したもので、相場の動向を保証するものではありません。売買に際しての最終的判断は、あくまでもご自身でご決定ください。

穀物関連

パーム油

CPO市場は小幅に続落した。中心限月3月限は3527RM(872.59USD)で取引を終えた。大豆油市場の下落に追随したほか、テクニカルな売りから大幅に価格を押し下げた。1月の輸出需要が一服するとの見方が強まったことも圧迫要因となった。在庫の大幅縮小による供給力の不足はいまだ払しょくされておらず、RM3,400-RM3,800の高値圏での推移を継続させると予想する。
 シカゴ大豆は反発した。米国内の大豆加工業者と輸出市場の双方から旺盛な需要をうかがわせる兆候があり、相場を押し上げた。

一般大豆・とうもろこし

【一般大豆】
シカゴ市場はテクニカルな買いで上昇している。
前日は利益確定の売りに押されたが、旺盛な需要で再度相場を押し上げた。
世界的に堅調な輸出需要と現物市場に支えられ強い展開が考えられる。
東京市場は商いに乏しい状況が続いており、新規の商いに期待したいところ。
本日の採算は先限で510円前後高。

【とうもろこし】
シカゴ市場はテクニカルな買いで上昇している。
世界的に旺盛な需要が減少した供給を上回るとの懸念で買いが先行した。
引き続き輸出需要や現物市場が堅調なことで強い環境が続くと判断する。
国内市場はシカゴ高を受けて28000円に近づいている。
目先はこのレベルがレジスタンスとなりそうだが、環境が強いため突破する可能性は高い。
引き続き強気を維持したい。本日の採算は先限で220円前後高。

貴金属関連

金・白金

【NY金】
NY金は反落。時間外取引では、米国債の利回り上昇によるドル高を受けて戻りを売られた。欧州時間に入ると、欧州中央銀行(ECB)議事録を受けてユーロ安に振れたことに上値を抑えられた。日中取引では、ドル安を受けて押し目を買われたが、買い一巡後は上げ一服となった。
本日の寄付きは、変わらず~-10円ほどと予想。

【NY白金】
NY白金は続伸。時間外取引は、ドル高となったが、大規模な経済対策に対する期待感を受けて堅調となった。日中取引では、ドル安を受けて買い優勢となった。
本日の寄付きは、+30~+40円ほどと予想。

エネルギー関連

ガソリン・灯油・原油

 14日のNY市場は、中国の原油輸入増や米国の追加経済政策への期待から買われ、反発。
 中国税関総署が14日に発表した2020年の原油輸入は、前年比7.3%増の5億4239万トンとなり、過去最高を記録したことで、新型コロナウイルスの流行にもかかわらず、旺盛な需要が示されたことで、需給緩和懸念が後退したことから、原油相場は買いが先行した。また、バイデン次期米大統領が14日に、2兆ドル規模の新型コロナウイルス経済対策を打ち出すと予想されていることから、原油需要増への期待が高まっていることも支援材料となった。しかし、一時は上昇していた米株式相場が軟化したことや、新型コロナウイルスの感染再拡大に伴い、各国が都市封鎖の再開や経済活動規制強化に動き、エネルギー需要の先行きの不透明感が根強いことから上値は限定的となり、53.57ドル(+0.66ドル)で取引を終えた。
 本日東京市場、+300~+400円ほどと予想(14日帳入値段との比較)

非鉄・ゴム・その他

ゴム

東京ゴムRSS3は小幅安。寄り付きでは、上海夜間安を背景に期先は軟調に推移したが、期近は供給不安などからしっかりとなった。その後、日中取引の上海ゴム次第の展開となり、終盤に地合いを引き締めたことで、先限を除いてプラスサイドに振れて取引を終えた。中心限月6月限は0.8円安の238.6円で大引けした。TSR20は出合いがなかった。

商品先物取引に関するお問い合わせ・資料請求

商品先物取引についておわかりにならないこと、お困りの点などございましたら、お気軽にご相談ください。

よくあるご質問
商品先物取引でお客様からよくいただくご質問にお答えしております
お電話でのお問い合わせ先
全国の本支店にてお問い合わせを承っております。
受付時間:月~金曜日 AM9:00~PM6:00
(祝祭日を除く)
フォームからのお問い合わせ・資料請求
お問い合わせ・資料請求は下記のフォームより24時間承っております。

資産運用がはじめてのお客様へ

はじめて資産運用をお考えの方のために、各サービスの概要や取引の流れ、メリットやデメリットをわかりやすくご紹介いたします。

先物取引相談窓口