くりっく株365・くりっく365を運用するなら豊トラスティ証券

豊トラスティ証券 くりっく株365・くりっく365
お問い合わせはこちら
24時間受付0120-365-281

くりっく株365の魅力

有利・安心の取引所株価指数証拠金取引(取引所CFD)です

「くりっく株365」は、日本で初めての公的な取引所における株価指数証拠金取引(CFD)です。東京金融取引所(略称「金融取」)に上場された「くりっく株365」は、取引所取引ならではのメリットを持っており、多くの投資家の支持と注目を集めています。
「くりっく株365」が選ばれる理由として、以下のような魅力があげられます。



どこが有利なの?

透明性の高い価格での取引

店頭CFD取引は、市場を介さずに店頭CFD業者の提示する取引価格で、業者と投資家の当事者同士で売買を付け合わせる相対取引です。

「くりっく株365」は、金融取引市場における複数の有力な金融機関がマーケットメイカーとなり、それぞれ独自の取引価格を取引所に提示し、取引所がその中から投資家に最も有利となる価格を自動的に抽出して取引価格を提示する「完全マーケットメイク方式」を採用しています。

これが、投資家にとってより透明性の高い価格での取引を可能にしているのです。

「くりっく株365」のマーケットメイカー名

  • 大和証券株式会社
  • 日産証券株式会社

投資家に最も有利な価格を提示

「くりっく株365」は、複数のマーケットメイカーから提示された取引価格の中から、マーケットメイカーにとって最も安い売却価格(売り気配)と最も高い買い取り価格(買い気配)を自動的に抽出して、投資家に提示しています(投資家の買い注文は売り気配で、売り注文は買い気配でそれぞれ約定します)。

これにより、売り気配と買い気配の価格差(スプレッド)の狭い取引価格を投資家に提供できるのです。

  • ※ 全てのマーケットメイカーが全株価指数に対して、常にレート提示を行うものではありません。
  • ※ 相場の急激な変動時等には、マーケットメイカーの提示する価格のスプレッド幅が広くなったり、買気配または売気配が提示されずに投資家の皆様が取引を行えない等、不測の事態が発生する可能性があります。

金利相当額は1本値

建玉を維持し、ロールオーバーによって決済期日を繰り延べた場合、その建玉には繰り延べられた日数に応じた利息が発生します。その利息を「金利相当額」といいます。
買い手は「金利相当額」を支払い、売り手は「金利相当額」を受け取ることになります。
店頭CFD取引では、買い手(支払い)と売り手(受け取り)の適用金利が一般的に異なりますが、「くりっく株365」では買い手・売り手ともに同一金額を受払いします。つまり、取引所も取扱い業者も利益を得ることが無いため、より透明性の高い取引であるといえます。
また、「くりっく株365」において適用される「金利相当額」は、日経225については円金利(日本銀行が公表する無担保コール翌日物金利速報の平均値)を、また、海外市場の各株価指数については対象指数の外貨金利(先物市場価格から取引所が算出する金利)を、金や原油ETFは一般社団法人TIBOR運営機関が公表する「ユーロ円TIBOR12カ月物」を適用し、取引所が日々金利配当相当額を算出しています。

なぜ安心なの?

投資家の預託金は、全額を金融取が分別管理

「くりっく株365」では、取扱い業者が投資家からお預かりした証拠金を、全額金融取に直接預託することが義務づけられています。金融取は、預託された証拠金の全額を、法令に基づいて、取引所の財産と分別して管理しています。

また、証拠金が取扱い業者に一時的に滞留する場合には、金融機関との金銭信託により、取扱い業者の資金と分別して管理されています。

このように、「くりっく株365」では、お客様の証拠金は全額、金融取により安全に分別管理されており、万一、取扱い業者が破綻した場合でも保護される仕組みとなっています。

「くりっく株365」の取扱い業者なら、さらに安心

「くりっく株365」取扱い業者には、一般的な店頭CFD取引業者に適用される金融商品取引法に定める基準に加え、金融取の規則に基づくさらに厳しい資格基準が求められています。

財務体質の弱い業者では、「くりっく株365」を取扱うことはできません。

より低い信用リスク

「くりっく株365」では、投資家の取引の相手方は取扱い業者となりますが、取扱い業者の取引の相手方は金融取であり、間接的に金融取が全ての取引の相手方となります。

そのため、「くりっく株365」の取扱い業者が万一破綻しても、金融取が認める場合には、投資家の取引(建玉)は他の取扱い業者へ移管、または決済することが可能です。

利益に対する税金は?

申告分離課税で、税率は一律20%

「くりっく株365」での利益は申告分離課税の対象となり、税率は一律20%になります。
なお、必要経費として取引手数料の他、書籍やセミナー参加費用などが認められる場合がありますので、詳しくはお近くの税務署にお問い合わせください。

【ご注意】2013年1月1日より2037年12月31日までの25年間、所得税額に対して2.1%を乗じた金額が復興特別所得税として追加的に課税されます。
これに伴い、所得税及び復興特別所得税15.315%、住民税5%となり、利益に対する税率は20.315%になります。

先物取引などとの損益通算が可能

「くりっく株365」で発生した損益は、取引所為替証拠金取引(くりっく365)や他の店頭FXなどの店頭デリバティブ取引、日経平均先物などの有価証券先物取引、金などの商品関連市場デリバティブ取引等で発生した損益と、損益通算をすることが可能です。

3年間の繰越控除が可能

「くりっく株365」で損失が出た場合は、確定申告の際に損失の計上を行えば、翌年から3年間にわたり損失を繰り越して、課税所得から控除することができます。

  • ※ 3年を超えて損失を繰り越すことはできません。従って、上記の例では5年目には損失を繰り越すことができないため、101,575円(50万円×20.315%)の納税が必要となります。
  • ※ 損失の繰越控除の適用を受けるためには、損失が発生した年について確定申告を行い、またその後においても連続して確定申告を行う必要があります。

日経225先物(日経225mini)や店頭CFD取引とここが違う

「くりっく株365」は、国内の公的な取引所で取引されていることから、「取引所取引」と呼ばれており、取引所取引ならではの多くのメリットがあります。では、「くりっく株365」と、日経225先物(日経225mini)や店頭CFD取引にはどのような違いがあるのでしょうか。

日経225先物(日経225mini)との違い

日経225先物(日経225mini)・・・
日経平均株価を原資産とした日本を代表する株価指数先物取引であり、大阪取引所で上場されています。


 
日経225証拠金取引
(くりっく株365)
日経225mini
取引期限 取引期限は最長15カ月
リセット日まで建玉は自動的にロールオーバー

※取引期限は、お客様の取引が成立(約定)してから15カ月ではありませんのでご注意ください。取引所にて、毎年9月に新しいリセット日の取引が開始され翌年12月にその取引が終了するまでの約15カ月が取引期限となります。
限月取引であり、取引期限は約3カ月
長期間保有するには限月乗り換えのための取引が必要
配当相当額 受払いあり(予想配当)
・買い手が受け取り
・売り手が支払い
受払いはなく、予想配当額を価格に織り込み
金利相当額 受払いあり
・買い手が支払い
・売り手が受け取り

適用金利は日本銀行が公表する無担保コール翌日物金利速報の平均値
受払いはなく、価格に織り込み
適用金利は期間に応じたTIBOR金利
取引時間 8:30~翌6:00
(米国夏時間適用時:8:30~翌5:00)
日中立会:8:45~15:15
夜間立会:16:30~翌5:30
取引成立方法 完全マーケットメイク方式 オークション方式
呼び値単位 1円 5円
ロスカット制度 あり なし

店頭CFD取引との違い


 
日経225証拠金取引
(くりっく株365)
店頭CFD取引(株価指数)
売買方法 完全マーケットメイク方式 相対取引
レバレッジ 市場の価格変動に応じて変動
週次で見直しを実施
株価指数CFD取引については上限10倍(証拠金規制 施行2011年1月)
金利相当額 適用金利は日本銀行が公表する無担保コール翌日物金利速報の平均値
買い手・売り手ともに同一金額を受払い
売り手(受け取り)と買い手(支払い)で適用金利が一般的に異なる
投資家保護
(一般投資家)
日本投資者保護基金の対象補償額は、一般顧客1人につき1000万円を上限 適用されない