くりっく株365・くりっく365を運用するなら豊トラスティ証券

豊トラスティ証券 くりっく株365・くりっく365
お問い合わせはこちら
24時間受付0120-365-281

金利相当額・配当相当額

保有する建玉について、金利相当額・配当相当額の支払い/受け取りが発生します

ゆたかCFD(くりっく株365)では、保有する建玉について、その原資産となる株価指数によって、「金利相当額」と「配当相当額」が発生します。 それぞれ、買い建玉を保有しているか売り建玉を保有しているかによって、支払いとなるか受け取りとなるかが変わります。

金利相当額

ゆたかCFD(くりっく株365)では、保有する建玉について日々利息が生じます。

これを「金利相当額」といいます。

取引時間帯終了時(通常時:午前6時00分 夏時間:午前5時00分)、買い建玉を持っている場合は「金利相当額」分の支払いが発生し、売り建玉を持っている場合は「金利相当額」分の受け取りが発生します。

発生した「金利相当額」は建玉決済時に確定し、その後、受け渡しが行われます。

計算式

日経225
清算価格×100(取引倍率)×円金利(※1)×日数÷365
  • ※1 日本銀行が公表する無担保コール翌日物金利速報の平均値 (小数点以下は切り捨て)

海外株価指数
下記の計算式を適用し、ポイント(指数)換算して日経225証拠金取引と同様に円建てで決済します。
清算価格×100(取引倍率)(※2)×外貨金利(※3)×日数÷365
  • ※2 NYダウ取引の取引倍率は10倍
  • ※3 各々の対象指数の先物市場価格から東京金融取引所が算出する金利

配当相当額

ゆたかCFD(くりっく株365)取り扱い商品の原資産となる株価指数を構成する銘柄について配当金の支払いが見込まれる場合、その権利付最終日と同じ取引日の取引時間帯終了時に保有する建玉について、予想される配当金の支払いが当該株価指数に与える理論上の影響値(配当落ち)に相当する差金が生じます。

これを「配当相当額」といいます。

権利付最終日と同じ取引日の取引時間帯終了時に買い建玉を持っている場合は「配当相当額」分の受け取りが発生し、売り建玉を持っている場合は「配当相当額」分の支払いが発生します。
「配当相当額」は配当が見込まれる都度発生し、建玉決済時に確定し、その後、受け渡しが行われます。

  • ※ 権利付最終日とは、権利確定日(配当を確定する基準日)の2営業日前(権利確定日が休業日の場合は3営業日前)の営業日を言います。(2019年7月16日(火)の約定分から適用。これ以前の権利付最終日は、権利確定日から起算して4営業日前となります。)
  • ※ DAX®は配当金の支払いを含めて指数を算出しているため、DAX®を原資産とする株価指数証拠金取引については、「配当相当額」は発生いたしません。

計算式

日経225
日経225構成銘柄の内、配当落ちが発生する銘柄について、その権利付最終日と同じ取引日の取引時間帯終了時ごとに以下の計算を行い、小数点以下第2位まで求めます。 (小数点以下第3位を四捨五入)
配当相当額=(予想される配当額)×(50÷みなし額面)÷(除数)
建玉1枚当たりの配当相当額=(配当相当額)×100(取引倍率)
  • ※ みなし額面…2001年10月の商法改正で廃止された額面制度が現在まで継続したと想定した場合に、現在の額面としてみなされる値として日本経済新聞社が銘柄ごとに定めた数値。
  • ※ 除数…日経225構成銘柄の株式分割や入れ替え等によって株価指数が変動する際に、指数の連続性を保つための計算に用いる値として日本経済新聞社が定めた数値。
  • ※ 複数の銘柄の権利付最終日が同一日となる場合は、それぞれの銘柄について下線部の計算を行い、その合計を除数で除したものが配当相当額となります。

NYダウ(米国)
配当相当額の値は、S&P社が算出する値を配当相当額の数値として使用します。
ただし、東京金融取引所がその値を適当でないと認める場合等は、東京金融取引所が配当相当額を別に定めます。

FTSE100(英国)
配当相当額の値は、FTSE社が算出する値を配当相当額の数値として使用します。
ただし、東京金融取引所がその値を適当でないと認める場合等は、東京金融取引所が配当相当額を別に定めます。