取引時間

商品先物取引には「日中取引」と「夜間取引」があります。

また、取引を行う、「計算区域(1営業日の区切り)」についても設定されていますので、しっかりとご確認ください


 

取引時間と計算区域のイメージ

計算区域について

計算区域とは、取引の「値洗い(ねあらい)」のために計算領域を一つに区切るものです。
値洗いとは、それぞれの建玉(たてぎょく)の損益を毎営業日、計算することです。不足金の計算等もこのタイミングで行います。

取引の1計算区域は、「前営業日の夜間立会(16:30~5:30)+当日の日中立会(8:45~15:15)」となります。したがって、夜間立会は日付的には翌営業日の取引をしていることになります。

ノンキャンセル・ピリオド(NCP)

ノンキャンセル・ピリオドとは立会開始・終了の直前に、訂正・取消し注文を原則受け付けない時間帯になります。
(但し、ゴム市場はノンキャンセル・ビリオドの対象外とします。)

下記の時間(1分間)は注文の訂正・取消しを行えませんのでご注意ください。

・8:44~8:45(日中立会寄り付き前)
・16:29~16:30(夜間立会寄り付き前)
・翌 5:29~5:30(夜間立会引け前)

海外の取引時間

海外には夏時間(サマータイム)があり、米国と欧州は夏時間には指標の発表や取引開始時間が1時間早まります。


米国夏時間 3月第2日曜日から11月第1日曜日まで
欧州夏時間 3月の最終日曜日から10月の最終日曜日まで

商品先物取引に関するお問い合わせ・資料請求

商品先物取引についておわかりにならないこと、お困りの点などございましたら、お気軽にご相談ください。

よくあるご質問
商品先物取引でお客様からよくいただくご質問にお答えしております
お電話でのお問い合わせ先
全国の本支店にてお問い合わせを承っております。
受付時間:月~金曜日 AM9:00~PM5:00
(祝日および年末年始を除く)
フォームからのお問い合わせ・資料請求
お問い合わせ・資料請求は下記のフォームより24時間承っております。

資産運用がはじめてのお客様へ

はじめて資産運用をお考えの方のために、各サービスの概要や取引の流れ、メリットやデメリットをわかりやすくご紹介いたします。

先物取引相談窓口